生産国によって味が変わるウイスキー

 

世界中で愛され、飲まれているウイスキー。

そんなウイスキーは国によっては細かく法律が規定されており、それによって製造方法も変わってきてしまうのは知っていただろうか。

 

そもそも生産国ごとにウイスキーの命ともいえる「水」が異なっている。製造する土地の気候や地理条件によっても味が全く違ってくる。酵母となる菌も変わってくる…

 

つまりはウイスキー自体の味も、産地ごとに味が変わってくるのである。

 

ウイスキーには世界的生産地が5つある

 

ウイスキーは世界的にも有名な生産地が5つある。

 

  • 世界中のウイスキー代表格 スコットランド
  • ウイスキーの長い歴史を持つ アイルランド
  • 移民からウイスキー製造を知った アメリカ
  • 独自の発展を遂げた カナダ
  • 歴史は浅いが技術の 日本

 

この5か国である。

そしてこれらの国で製造されるウイスキーを「5大ウイスキー」と呼んでいて、それぞれ

 

  • スコッチウイスキー
  • アイリッシュウイスキー
  • アメリカンウイスキー
  • カナディアンウイスキー
  • ジャパニーズウイスキー

 

という名前がつけられている。

ただ、たいていの人は「スコッチウイスキー」や、「アイリッシュウイスキー」とは呼ばずに「スコッチ」、「アイリッシュ」のように略していることが多い。

 

これからその五大ウイスキーについて、その国の代表的かつオススメのウイスキーと共に紹介していこう。

 

スコッチウイスキー

五大ウイスキーの中でも最多となる約130ものウイスキー蒸留所を所持しており、その生産量は世界でもトップ。スコッチウイスキーは蒸留所ごとに風味が異なり、市販されているスコッチウイスキーでもその違いは明らか。

 

スコットランドは大麦やピート(シダやコケ類などが堆積してできた泥炭)の産地でもあり、それらを焚いて麦芽に吸収させるとスコッチウイスキー独特のスモーキーな香りが生まれるのです。

 

そんなスコッチウイスキーの中でも初めに飲んでほしいのは

「Glenfiddich(グレンフィディック)」

 

鹿の谷を意味する銘酒「グレンフィディック」ですが、まず初めに飲んでほしい理由はなんといっても飲みやすさにあります。

ピートの香りは控えめなのに、ナシやリンゴをイメージさせる新鮮なフルーティさのある香りが際立ちます。味わいも香りと同じくフルーティで、それが世界で一番飲まれているシングルモルトウイスキーである理由なのかもしれません。

 

グレンフィディックについて詳しく知りたい方はコチラ

 

世界的にも有名なスコッチ「ザ・マッカラン」

 

日本の輸入するシングルモルトウイスキーでナンバーワンの存在である「ザ・マッカラン」

 

別名シングルモルトのロールスロイスとまで呼ばれており、シェリー樽で熟成されることで醸し出される甘みは世界でも人気。

 

リッチで深みある香りをぜひ堪能してもらいたいものです。

 

ザ・マッカランの詳しい情報はコチラ

アイリッシュウイスキー

 

イギリス領の北アイルランドを含むアイルランドで造られるウイスキーをアイリッシュウイスキーと呼ぶ。アイリッシュウイスキーの歴史は非常に深く、ウイスキーの起源という説まであるくらいです。

 

蒸溜を複数回行って製造するこのアイリッシュウイスキーは水や氷を入れて飲むでも良し。カクテルとして飲んでも良し。歴史があるぶん楽しみ方もたくさんあります。

 

それでも日本で扱っている種類がそもそも少なく、飲んだことがない方も多いでしょう。しかし他のウイスキーと比べてクセが少なく初心者にこそ飲んでほしいのがこの「アイリッシュウイスキー」なのです。

 

アイリッシュウイスキーの定番はやっぱりジェムソン

 

 

三回蒸溜をすることによって造られるアイリッシュウイスキーのなかでも名門のブランドウイスキーであるジェムソン。

 

香りは柑橘系やシェリーのまろやかな香りですが、癖がなくいい意味で個性が薄いです。

 

そんなジェムソンは飲むときにはスムーズな味わいを生かしてジンジャーエールで割るなんて飲み方も非常におすすめです。

 

ジェムソンについて詳しい情報はコチラ

 

ウイスキー専門家も唸る一品「タラモアデュー」

 

 

多くの専門家が認めるウイスキー「タラモアデュー」

 

高い度数のお酒とは思えないほどやわらかな飲み口を持っており、紹介したジェムソンに続くアイリッシュウイスキー第二位の出荷数を誇っています。

 

その滑らかなかつ繊細な香りが専門家含め多くの人間を魅了しているのは間違いありません。

 

タラモアデューの詳しい情報法はコチラ

 

アメリカンウイスキー

 

イギリスからアメリカ大陸へと伝わっていったトウモロコシ、大麦、小麦、ライ麦などさまざまな穀物を原料とし造るウイスキーを得意としています。アメリカのケンタッキー州の群のひとつにバーボン群というものがあり、そこの地域で造られたウイスキーを特に「バーボンウイスキー」と呼ばれています。

 

しかしながらバーボンウイスキーは国ごとに定義が違うのです。

特に日本にはバーボンウイスキーの定義がないので単に「ウイスキー」と呼んでも問題はありません。

 

そんなアメリカ生まれのバーボン「ジムビーム」

アメリカンウイスキーの代表格ともいえる「ジムビーム」。このパッケージを見たことがある人も少なくないはずです。

ケンタッキー州で造られたのが起源とされており、世界でもバーボンの有名どころです。

日本では芸能人のローラがCM出演をしていたりするくらいなじみあるお酒。

 

そんなジムビームは200年以上も続いている歴史ある味わいは今もなおさまざまな方法で親しまれています。

 

もっと「ジムビームについて知りたい方はコチラからどうぞ!!

 

これもよく見るアメリカンウイスキー「ジャック・ダニエル」

 

アメリカテネシー州で造られた「ジャックダニエル」。アメリカンウイスキーなのですが、製造していた州の名前がテネシー州なのでバーボンではなくテネシーウイスキーと呼ばれています。

 

基本的にテネシーウイスキーは熟成させる前にサトウカエデというメープルシロップのもととなる木の炭で濾過させます。この余計な不純物を取り除く工程を「チャコール・メリーイング」と言い、この工程があるがゆえに値段がバーボンよりも高くなっているのです。

 

カナディアンウイスキー

 

アメリカの独立戦争の後に一部の農民がカナダに移動し造られたウイスキー。トウモロコシや大麦を使うのでアメリカンウイスキーと似てそうではいますが、アメリカンウイスキーと違うのはライ麦を主原料として造られているので風味が強く、軽い口当たりだということです。

 

カナディアンウイスキーもくせがなく、非常に飲みやすいので初心者向け。

そしてカクテルベースなどに使われることもしばしば。

 

これが有名ブランド「カナディアンクラブ」

 

「CANADIAN CLUB」の頭文字をとって「CC」の愛称を持つこのウイスキーは、すっきりと飲みやすく、柔らかな味わいをしています。

 

クセも少なくカクテルなどに使用されたりもします。カナダのキレイな水と高い品質を持った穀類を原料として造られており、世界中で人気なウイスキーです。

カナディアンウイスキーを試してみたい方はここから始めるといいでしょう!

 

高級感がある「クラウンローヤル」

 

高級感漂うカナディアンウイスキーの「クラウンローヤル」。もともとはカナダを訪れたイギリス国王に献上されたと言われているウイスキーです。

 

非常に高そうに見えて実は2,3000円で購入できる代物なので、贈り物とかにはいいかもしれないですね。

 

味はカナディアンウイスキーらしくすっきりとしていて飲みやすく、しかし奥深さゆえに飲み飽きることはないでしょう。一度は飲んでみてほしい一本。

 

 

ジャパニーズウイスキー

 

5大ウイスキーの中でも最も歴史が浅いのがジャパニーズウイスキーです。

しかしながら日本の職人が造りあげるウイスキーのおいしさは歴史の浅さをゆうに超す出来。

日本人が好まないスモーキーな香りを抑えたものが多く、蒸留所が海外に比べて少ないのでウイスキーにかける密度が半端ではないです。

 

言うまでもなく、ウイスキー職人の技術は世界トップレベルに位置すると言えます。

 

一度でいいから日本の銘酒をのんでいただきたい。

 

ジャパニーズシングルモルトと言えば「山崎」

 

日本の銘酒「山崎」は、甘く深みある果実香が特徴的なジャパニーズシングルモルトウイスキーの顔です。口当たりはなめらかで甘く、かすかな苦味を感じます。

 

ウイスキーを始めて飲む人でもかなりのウイスキー好きでもおいしく飲めると言われています。

 

この複雑な味わいを出すのにはブレンダーの技術力が必要不可欠。日本の職人技を飲みながら感じることができるこのジャパニーズウイスキー山崎をぜひ口にしてほしいものです。

 

日本の生み出した銘酒「白州」

 

南アルプスの天然水を使用している清涼感あるシングルモルトウイスキー「白州」

 

山崎蒸溜所に続くサントリーの第二のモルト蒸留所である「白州蒸留所」から生まれた銘酒です。

 

香りはみずみずしいフレッシュな香りがして飲み口は爽快。口に含んだ際に感じる清涼感は白州が森のウイスキーと言われている理由かもしれません。

 

良い意味でウイスキーを感じさせないので「初心者でも飲める」ではなく「初心者にこそ飲んでほしい」ウイスキーです。

 

五大ウイスキー紹介、いかがだったでしょうか

これまで五大ウイスキーについていろいろ紹介してきましたがいかがでしょうか?

 

この記事を見て飲んでみた国のお酒や銘柄がみつかってでしょうか。

 

今回は日本でも比較的購入しやすいお酒を紹介したので興味のある方は近くの酒店へ行ってみてもいいかもしれませんね。

 

 


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!