サントリーが生んだ日本が世界に誇るシングルモルトウイスキー「山崎」って?

日本最古のモルトウイスキー蒸留所から送り出される世界に誇るシングルモルトウイスキー「山崎」

山崎の地に湧く名水により、この山崎で幾度も年月を重ね、樽の中でゆっくりと熟成されていくモルトウイスキー
日本を代表するウイスキーの一つであり、国際的な酒類コンテストで数々の賞を受賞し、世界中の人々に愛されています。

山崎の歴史

サントリーでは、山崎を「水生野」(みなせの)と呼ばれた名水の地であるとしています。また、山崎はかつて千利休が茶室を設けた場所であり、水質の良さと3つの川(宇治川、木津川、桂川)が合流するために霧が立ち込めている立地がウイスキーづくりに適しています。

この山崎の地に、1923年、寿屋(現・サントリーホールディングス)によって日本初のモルトウイスキー蒸留所として開設されました。

寿屋創業者・当時の社長である鳥井信治郎は、本格的なウイスキー製造を目指し、蒸溜所開設を企画し、1923年、スコッチ・ウイスキーの本場スコットランドでウイスキー製造を学んだ竹鶴政孝を招聘、山崎蒸溜所長に任じたのである。この際、竹鶴は日本におけるウィスキーづくりの好適地は北海道であることを訴えるが、鳥井は輸送コストがかかることに加え、工場見学を消費者にしてもらうことを考えていたため、工場の位置だけは京阪神付近の交通の便が良い所で良い水のある場所にするように命じ、それ以外のことは竹鶴に任せたとされています。

竹鶴時代の1929年に、山崎蒸溜所は日本初のウイスキー(ジャパニーズウイスキー)「白札」を製造・出荷した。竹鶴は10年の契約期間が終了した際、鳥井との基本的な方向性の違い(竹鶴は経営的には不利でも北海道に蒸溜所を作りたかったことなど)もあり契約を更新せず寿屋を退社し、北海道余市郡余市町に大日本果汁(のちのニッカウヰスキー)を興している。

山崎の基本的データと値段

基本データ

スタイル:シングルモルト

原料:大麦麦芽

アルコール度数:43度

内容量:700ml(ミニチュアサイズの50mlもある)

部類:ジャパニーズウイスキー

値段(店頭によって値段は変わります:現行版のみを記載。生産終了品等に関しては別に記事作成中です!お楽しみに)

ミニチュアサイズ 1138円

ノンエイジ物 希望小売価格 4200円

12年物 希望小売価格 8500円

18年物 希望小売価格 25000円

25年物 希望小売価格 125000円

 

山崎の味(現行版:年代ごとに記載)

飲み口は山崎の年代やモノによって異なり、すべて違うお酒と思って飲むのが良いでしょう。(下記、サントリーHP参照箇所あり)

山崎(ノンエイジ):柔らかく華やかな香りであり、甘くなめらかな味わいです。色は赤みがかった明るい琥珀色。

山崎の伝統であるミズナラ樽貯蔵モルトと、革新のワイン樽貯蔵モルトをはじめとした様々な山崎モルトが出会うことで生まれた山崎です。

やわらかく華やかな香りに潜むイチゴのような香りはワイン樽熟成モルト原酒がもたらし、甘く煌めくようななめらかな味わいはミズナラ樽熟成モルト原酒が加わることによって生まれています。

山崎(12年):繊細で複雑、深みのある味わいです。色は琥珀色。

繊細で上品なテイストの日本を代表するシングルモルトウイスキー。ノンエイジよりも風味が豊かになりますので香りを鼻に通すと山崎がより楽しめるでしょう。飲み飽きず、幾重にも押し寄せる複雑な香味が、世界を魅了しつづけています。

ホワイトオーク樽熟成原酒由来の甘いバニラ香と熟した果実香が特長です。シェリー樽原酒とジャパニーズオークのミズナラ樽原酒が潜むのも楽しみの一つですね。

山崎(18年):奥行きのある、圧倒的な熟成感。味わいは深く、甘みや香ばしい風味を思いっきり感じられます。色は赤みがかった明るい琥珀色。

酒齢18年以上のシェリー樽熟成原酒を中心に、じっくりと後熟したもの。圧倒的な熟成感を堪能できる逸品です。

シェリー樽熟成由来の甘いドライフルーツや香ばしいチョコレートの香りが印象的。ミズナラ樽の長期熟成原酒も潜む熟成感と奥行きのある味わい。

山崎(25年):複雑かつ重厚、円熟の深い余韻。色は濃い赤褐色。

酒齢25年を超える長期熟成シェリー樽原酒を厳選。しっかりと酸味もあり、ほろ苦さと厚みのある味わいが愉しめます。丁寧にヴァッティングしたスーパープレミアムウイスキー。年間生産本数千数百本の限定品です。

シェリー樽熟成由来の甘美な芳香が馥郁と立ちのぼる。年月を誇る長期熟成原酒の甘味と苦みが織り成す複雑で重厚な香味。陶然とした余韻は長く、深い。

 

オススメの飲み方は?

 

山崎のおススメの飲み方は最初はストレートからいって。。。

山崎は年代が上がるごとに風味と香りが増していきます。ですので、まず始めはストレートから飲むといいでしょう!

その年代ごとの深い味わいが楽しめるのでおすすめです。次に、そこに少しずつ水を加えていくと、さらに香りが立ち、味わいや香りの変化を楽しめるのは驚きです。

常温の水を使うことがポイントになりますのでキンキンに冷やさないように。少しずつ水を加え、ウイスキーと水を1:1の割合にすれば、トワイスアップのできあがりです。ワイングラスやテイスティンググラスなど脚付きのものなら香りがグラス内に留まり、より芳醇な香りが楽しめます。

 

ハイボールもいいかも!

贅沢にハイボールで試してみるのも良いでしょう。特に年代の新しい(新)山崎は他のラインナップよりも風味は劣りますが、ハイボールとしては最適とのことです。白州と同じようにハイボールはシングルモルトウイスキーの飲み方としては王道みたいなものですね。山崎蒸留所のツアーにも試飲として提供されるくらいです。

 

日本人なら水割りがスタンダード?

最もスタンダードな水割りは日本人ならではの飲み方。深い味わいや香りをより楽しむには、少しコツがいります。それは、水を入れる前にグラスの氷とウイスキーをよくかき混ぜ冷やすことです。

こうすることで、水と混ざった時の希釈熱で味が崩れることなく、バランスを保つことができます。水割りはゆっくりくつろぎたい時に最適ですね。お気に入りのグラスでゆったり味わってください。お店の人に作ってもらってゆっくりとした時間を楽しむにはいいですね。

 

オン・ザ・ロックスはかっこよく!!

ウイスキーと氷のみのかっこいい飲み方、オン・ザ・ロックスです。ウイスキーをイメージすると、カランと大きめな丸い氷とグラスが奏でる音を想像しちゃいますね。グラスの音色もお楽しみながら、じっくり味わえる飲み方です。初心者であればチェイサーもあるといいかもですね!!

 


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!