タラモアデュー、ウイスキー好きが評価するアイリッシュ。

アイルランド島内で造られるウイスキーを特にアイリッシュウイスキーと呼んでいます。

世界五大ウイスキーについてはコチラからどうぞ!!

 

そのアイリッシュウイスキーの中で売り上げ堂々の2位に君臨するブランドが「タラモアデュー(TULLAMORE DEW)」です。

 

多くのウイスキー専門家から非常に繊細で滑らかな香りだと評価されているタラモアデュー。創業以来続いているノンピーテッド製法からなる伝統の味の秘訣やおいしい飲み方などをこれから紹介していきたいと思います。

 

タラモアデューの歴史

そもそもタラモアデューの「タラモア」というのはアイルランドのオファリー州の町のことを意味しており、1829年創業のタラモア蒸留所で製造されたアイリッシュウイスキーであるこの「タラモアデュー」で有名な街です。

そしてこのタラモアデューという名前になったのは1897年のことで、経営者であるダニエル・エドモンド・ウイリアムス(Daniel Edmond Williams)が自分の名前の頭文字を取り、またDew(露の意味)に引っ掛けてネーミングしたブランド名だそうです。

 

しかし、すべてが順調というわけではなくアメリカの禁酒法や世界大恐慌などのウイスキー界に大打撃を与える出来事が起きてしまいつらい時期をすごしました。

 

しかしそんな危機的状況だったタラモアデューを救ったのがアイリッシュウイスキーをベースに作るリキュール、「アイリッシュ・ミスト」なのです!このリキュールは当時非常に人気になりました。

経営難だったこの蒸留所に残った資源をすべてこのリキュール「アイリッシュミスト」に注ぐ決断をして、1959年に蒸留所を閉鎖した後は、南部コーク市郊外のミドルトン蒸留所へタラモアデューの製造場所を変えました。

 

そこからは努力の甲斐あってかアイリッシュウイスキーの売り上げ2位を誇る有名ブランドにのし上がったというわけです。

 

タラモアデューの基本データと値段

種別:アイリッシュウイスキー

原料:大麦麦芽、穀類

アルコール度数:40度

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

 

タラモアデュー ノンエイジ 2100円

タラモアデュー 12年物 4100円

 

タラモアデューの味

 

ノンエイジ:繊細で滑らかであり、大麦の心地よい香りがする一本。アイリッシュウイスキーらしいフルーティーさと甘さがある。専門家の間でも高く評価されています。

 

12年物:アイリッシュウイスキーの特徴である3回蒸溜を行うために純粋な味わいは残っているものの、濃厚で深いうま味と甘みがします。バーボン樽とシェリー樽の2つの樽を使用しているのが12年物のこだわり。加水するとより果実味が増すのでお試しあれ。

 

オススメの飲み方は?

 

なんといってもアイリッシュコーヒー

このタラモアデュー、実はあのアイリッシュコーヒーに最初に使われたアイリッシュウイスキーと言われているのです。伝統的かつ有名なあのアイリッシュコーヒーが生まれた瞬間の味を味わってみてはいかがでしょうか?

簡単レシピ

  • ジェムソンアイリッシュウイスキー 30ml
  • エスプレッソコーヒー 90ml
  • 砂糖(黒糖でもおいしい)
  • 生クリーム 30ml

これらをいれて作ったのがアイリッシュコーヒーです。ぜひ伝統と歴史ある飲み物をどうぞ!!

 

hirot1976さん(@hirot1976)がシェアした投稿

 

ロックや水割りで、本場を味わう

そしてこのタラモアデューの特徴のひとつとしてボディの軽さがあげられます。

そのためカクテルなどの素材にされやすいのです。

 

しかしながらタラモアデューを水割りやロックにして飲むことでより本来のアイリッシュウイスキーらしさを堪能することが出来ます。

 

 

Yuko Kataokaさん(@chopinist22)がシェアした投稿

 

うまい料理とうまい酒(タラモアデュー)それだけで幸せになれますよね。

 

今のタラモアデューを救った影の活躍酒

 

先ほど少しお話したタラモアデューの救世酒(リキュール)であるアイリッシュミスト

実は日本でもネットでも購入することができるのです。

 

蜂蜜入りで甘くおいしいリキュールなのでもし気になった方は試してみてはいかがでしょうか?

 

珈香(こうこ)さん(@coffee_kouko)がシェアした投稿

 


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!