ウイスキーやスピリッツなどの違いは何?

 

コンビニやスーパーで売られている色とりどりのお酒たち。男性であれ女性であれ、お酒に詳しいとカッコいいものですよね!

そんなあなたはウイスキーとブランデーとスピリッツの違いを話すことが出来ますか?

なんとなくはわかるけれども、いまいち説明できないという方はぜひこの記事で理解していってくださいね!!

 

まずお酒ってそもそも何?

 

お酒とは日本の酒税法第2条に「アルコール分1度以上の飲料をいう」と明確に定義がされているので、日本にいる限りはアルコール度数が1度未満であればお酒とはみなされません。

 

今回紹介するウイスキーやブランデー等はアルコール度数が40度くらいなので完全にお酒ですね。

大まかにとらえると実はウイスキーとブランデーとスピリッツは全部同じ

 

これを見て意外に思った方も多いのではないでしょうか?別に嘘をついているわけではないのです。実はウイスキーとブランデーとスピリッツはどれも同じ「蒸留酒」という区分なのです。

ちなみに日本でいう焼酎もこの蒸留酒の仲間です。

蒸留酒ってなんのこと?

 

醸造酒を熱していくと沸点低いアルコールが、沸点の高い水よりも先に気化してしまいます。

その気化したアルコールを冷却して液化させると、もとの発酵液よりも水の占める割合が減る、つまりはアルコール濃度の高い液体へと変化するのです。

このアルコール度数の高い液体こそ蒸留酒なのです。

この蒸留酒のほかには

醸造酒:原料を酵母などの作用によりアルコール発酵させてつくられたお酒のことです。ビールや日本酒、ワインなどが有名な醸造酒です。この醸造酒はアルコール発酵を行う微生物が、自ら作ったアルコールによって死滅するために蒸留酒よりもアルコール度数が低いお酒となっています。

混成酒:醸造酒や蒸留酒にハーブや果実、香料、甘味料などのエキスを加えたお酒のことです。

などがあります。

ではなんで名前の区別があるの?

 

ウイスキーとブランデーとスピリッツだけでもややこしいのにさらに焼酎まで加わってしまった蒸留酒たち。なんでこんなにも名前の区別があってめんどくさいのかというと理由は日本の酒税法にあるのです。

ウイスキー、ブランデー、焼酎、原料用アルコール以外の蒸留酒であってエキス分が2度未満のものの総称をスピリッツと呼ぶ。

つまりはウイスキー、ブランデー、焼酎はスピリッツから仲間外れにされているわけなのです。

そんなスピリッツには有名な4大酒が存在しておりそれぞれ「ジン」「ウォッカ」「ラム」「テキーラ」と呼ばれています。

 

同じ蒸留酒でも原料や定義が違うぞ!

 

そんな日本の酒税法で区別されているお酒たちは、同じ蒸留酒であっても原料や細かな点が違ってきます。

 

  • ウイスキー:発芽させた穀類(トウモロコシや大麦)、水を原料とさせて糖化させて発酵させたアルコールの含まれたものを蒸留して造られたお酒のこと。
  • ブランデー:果実、水を原料として発酵させたアルコールの含まれたものを蒸留して造られたお酒のこと。
  • 焼酎甲類:アルコール含有物を連続式蒸留機で蒸留したものでアルコール分が36度未満のお酒のこと。
  • 焼酎乙種:連続式蒸留機意外で蒸留したアルコール分45度未満のお酒のこと。

 

スピリッツの有名な4大酒について

さきほどふれたスピリッツの中の有名なお酒として「ジン」「ウォッカ」「ラム」「テキーラ」があると言いましたね。

これらもそれぞれ原料等が異なるので大まかに説明していきましょう。

 

ジン:大麦、ライ麦、ジャガイモなどを原料にしてつくる蒸留酒。イタリアの修道士が「ジュニパーベリー」と呼ばれる実を原料として作ったスピリッツがジンの起源とされています。

ウォッカ:トウモロコシ、大麦、ライ麦、小麦などを原料として造られる蒸留酒。蒸留酒の中でもくせがなく、無色です。

ラム:サトウキビを原料として造られる蒸留酒。よくお菓子作りに使用されたりするので案外身近に感じる方もおおいのではないでしょうか。

テキーラ:メキシコ産のリュウゼツランという単子葉植物の一種である「ブルーアガベ」を原料として造るスピリッツです。

Yukinori Umedaさん(@yukinoriumeda)がシェアした投稿

よく聞くリキュールとかベルモットって何?

お酒の話でよく出てくるのはリキュールという名前ですよね。先ほどお酒には蒸留酒、醸造酒、混成酒といった種類があるとお話しましたが、実はこのリキュールというのは混成酒の中のひとつを指しているのです。同じくベルモットも混成酒のひとつなのです。

ほかにも混成酒は梅酒や薬種などがあります。しかしおなじ混成酒でも原料は全然違っているのです。

 

リキュール:蒸留酒に果実や薬草などを入れ、香りを蒸留酒(スピリッツ)に移し、砂糖やシロップ、着色剤を入れて作られた混成酒のことです。

ベルモット:白ワインを主体にした混成酒で、ニガヨモギやスパイスなどを配合して造られたもの。主に食前酒で飲まれます。

梅酒:青梅をホワイトリカーや焼酎などの蒸留酒に氷砂糖と一緒に漬け込んだもの。日本でもよく飲まれているので有名ですね。

 

 

蒸留酒の中でもウイスキーはやはり奥が深い

言葉では明確に定義されているお酒の種類。それでもやはり同じウイスキーという分類でもアメリカンウイスキーのジャックダニエルやジャパニーズウイスキーの白州なんかだと味が変わってきてしまいます。それはワインや日本酒なんかも同じことが言えるのですが、ウイスキーも国や原料によって大きく味が変わってきてしまうのです。(詳しいウイスキーの製法は近日公開しようと思っています!お楽しみに笑)

 

とくにウイスキーの5大生産国があって、それぞれカナダ、アメリカ、スコットランド、アイルランド、そして日本。特に日本なんてウイスキーの歴史が一番浅いにもかかわらず、技術力と努力で世界トップレベルのウイスキー生産国まで上り詰めることができたのです。

5大ウイスキーについて詳しく知りたい方はコチラ

 

ウイスキーの楽しさ

ウイスキーを造る際には命ともいえる水から始まり、穀類、酵母、蒸留方法、気温気候、熟成する樽や熟成させる期間…さまざまな条件が存在します。そしてすこしの条件の変化でウイスキーの味に変化が生まれるのです。そこがウイスキーの楽しさなのかもしれませんね。

 

そして出来上がった個性あふれる世界中のウイスキーたちをこのサイト「whis&key」は紹介しているので是非ほかの記事も見てみてください!


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!