究極のアイラモルトと称されるウイスキー、アードベッグ(Ardbeg)

masato_tokueさん(@azur_matt)がシェアした投稿

アードベッグ(Ardbeg)は、「究極のアイラモルト」とも称され、世界的な評価の高い逸品であり、強烈なスモーキーさ繊細な甘さが完璧に調和した、世界が熱望する究極のアイラモルトウイスキーです。

ボトルや箱のデザインも怪しげな黒色を基調としているのも特徴です。

その味わいは強烈の一言で、正露丸のような味わいが広がり、鼻を通すと燻製の香りや煙をそのまま吸い込んでいるような感覚があります。

しかしその強烈なピート香や薫香に慣れてきますと、奥に潜むクリーミーで甘い味わいがわかります。

非常に個性的あるので一度癖になると病みつきになってしまう一本です。

その他のアイラモルトウイスキーが知りたい方やそもそもアイラモルトってという方には「アイラ島?アイラ・モルト・ウイスキーとは?世界的スコッチたちを完全網羅!!」をごらんください!

 

アードベッグの歴史

1815年創業の、古典的かつ伝統的なアイラモルトで、スコッチウイスキー「バランタイン」の原酒でもあります。

アードベッグはゲール語で「小さい岬」という意味です。蒸留所の立地がそのまま名称になっています。80年代の前半に生産をストップしたが、97年にグレンモーレンジ社が買収して再開されました。現在の親会社はLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)。現行品は全般的に非常にクセのあるピート臭で、飲む人を選ぶが、一度クセになると抜けられない魅力を持っています。

 

 

アードベッグの基本情報と値段

Ikeさん(@blue_moon_j7)がシェアした投稿

種別:シングルモルト

原料:大麦麦芽

アルコール度数:46度(10年物)

54.2度(ウーガダール)

57.1度(コリーヴレッカン)

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

アードベック 10年物 6300円

アードベック ウーガダール 9400円

アードベック コリーヴレッカン11300円

アードベッグ ケルピー 12000円(発売は2017年6月3日):アルコール度数46%で限定品での販売。

現在(2017年10月2日)、2017年に最初のリリースとなったケルピーのコミッティボトルがアルコール度数51.7%クリーム色のラベルで販売されていますが10万円は超えています。

 

アードベッグの味や色、香り

masato_tokueさん(@azur_matt)がシェアした投稿

色は淡い琥珀色です。

その味わいは強烈の一言で、正露丸のような味わいが広がり、鼻を通すと燻製の香りや煙をそのまま吸い込んでいるような感覚があります。

その強烈なピート香や薫香に慣れてくるとわかるのですが、最初に飲んだ時よりもクリーミーで甘い味わいがわかります。

ストレートで少量を口に入れしばらく口の中で楽しんだ後、鼻に通し少しおいていったん愉しみます。その後チェイサーを飲むと、さまざまな香りが一気に爆発するように感じられます。また、チェイサーを飲んでも強烈な余韻が続くため、これも愉しみの一つでもあります。余韻は長く豊かでスモーキー。砕いたピートや麦芽の甘みが残ります。

非常に個性的あるがゆえに一度癖になると病みつきになる一本がこの「アードベッグ」なのです!現行品は全般的にかなりクセのあるピート臭がしますので、飲む人を選びますが、一度クセになると抜けられない魅力を持っています。

このようにアイラモルト系ウイスキーは個性的なものが多いです。ほかのアイラモルトも見てみたい方は「アイラモルトウイスキーの蒸留所銘柄10選!世界で有名なスコッチたちを紹介!」をご覧ください!

 

おすすめの飲み方

Michy Moriさん(@michimonin)がシェアした投稿

最初はストレート(グラスはシングルモルトグラスがオススメです!)から始めて、途中でオンザロックに変えると甘さや香りが強調されて、全然違う味わいになります。ぜひ試してみてください!

 


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!