キルべガン は紆余曲折を経たアイリッシュウイスキー

アイルランドの首都ダブリンから数十キロ離れた場所にキルべガンという小さな村があり、そこの村内にあるキルべガン蒸留所で造られるウイスキーが今回紹介する「キルべガン」というブランド。口当たりの良さから日本でも人気あるアイリッシュウイスキーなのですが、その歴史的背景は大変なものでした。

キルべガンの歴史

キルベガン蒸留所は最古の蒸留所のうちの一つです

このキルべガン蒸留所は1757年に蒸留許可を得た、アイルランドでも最古の蒸留所のうちのひとつです。しかし1757年に創業した際には実はキルべガン蒸留所という名前ではなくブルスナ蒸留所という名前でした。

その後は1843年にジョン・ロックによってブルスナ蒸留所が購入され、ロック蒸留所という名に変更。ここから暫く人気のウイスキー時代を送ります。

修 倉持さん(@virgo_aruji)がシェアした投稿

過去には創業を停止したことも!?

ロック蒸留所になった後も順調に人気を集めていったのですが、1920年代のアメリカの禁酒法の制定とイギリスの関税引き上げによるアイルランド製品の締め出し等により、輸出先を失ったロック蒸留所を含むアイリッシュウイスキー蒸留所全般は大打撃を受けてアイリッシュの栄光時代は幕を閉じました。

そしてついにロック蒸留所も1953年に創業を停止してしまいました。かなりのダメージだったのでしょうね…

しかし1988年にはクーリー社がロック蒸留所のオーナーとなり、初めのブルスナ蒸留所の創業から250年経った2007年にウイスキー製造を始動させるのです。一度は息途絶えた蒸留所が美しい水と自然に囲まれて復活した瞬間でした。

そうして蘇ったアイリッシュウイスキーが今、キルべガンとして世界で飲まれているのです。

キルべガンの基本的なデータと値段

種別:ブレンデッド

原料:大麦麦芽、穀類

アルコール度数:40度

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

キルべガン:2600円

キルべガンの味

キルべガン:柑橘系のフレッシュでフルーティーな香りとハチミツのような甘さが特徴的な一本。ボディも軽く、口当たりは水のようにすっきりとしていて後味も引きずらないので飲みやすいの一言につきる。値段もそこまで高くはないので一度は飲んでみてほしいです。

オススメの飲み方は?

ロックスタイルでどうでしょう?

全体としての飲みやすさに加えて、オイリーさがほとんどないウイスキーなので、ストレートで一度は飲んで欲しいのですが今回はロックスタイルをオススメします。

鼻から抜けるフレッシュな果物の香りが愉しめますよ!

yk0219さん(@yk.0219)がシェアした投稿

今キルべガン蒸留所を持っているのはサントリー

さまざまな人や会社に買収されたキルべガン蒸留所も、2014年にサントリーによって買収されたので製品の所有権は今はサントリーが所持しています。

 

そんな紆余曲折を果たしたキルべガン蒸留所は古くから使っている蒸留道具を間近で見ることができる見学ツアーを行なっています。

場所は日本ではなくてアイルランドなのがデメリットな点ですが、14ユーロほどで試飲なども楽しめるそうなのでアイルランドに用事のある方は是非足を運んでみてください!

そのほかのアイリッシュウイスキーについてはコチラからどうぞ!!