スコッチウイスキーの中でも樽にとことんこだわる有名ブランドとして存在する「グレンモーレンジィ」今日はこのグレンモーレンジィの種類や味わいなどを紹介していきたいと思います。グレンモーレンジィ オリジナルのコストパフォーマンスは驚きですよ!!

グレンモーレンジィ は北ハイランド生まれのウイスキー

1843年にスコットランドの北ハイランドにあるグレンモーレンジィ蒸留所で生まれたスコッチウイスキーこそ、有名ブランドである「グレンモーレンジィ

ウイスキー評論家からも人気が非常に高く、シングルモルトのウイスキーの中では必ず上位に食い込む人気っぷり。

その人気の秘密はなんといってもグレンモーレンジィに対するこだわりでしょう。ウイスキー造りは基本的に軟水を使用するのですが、グレンモーレンジィの使用しる水はなんと「硬水」。普通ならうまくいかない硬水で造るウイスキーが、グレンモーレンジィは深みや華やかな香りを生み出す秘訣となっているのかもしれません。

さらに熟成させる時にはなんとアメリカからわざわざ取り寄せた樽の原木を使用しているんだそうです。後熟の際にはワイン樽やシェリー樽の使用もしているようですよ!樽へのこだわりも半端じゃないです。

このグレンモーレンジィに対する熱意がすごく伝わってきますね。

ちなみに蒸留する時に使用する「ポットスチル」はスコットランドで一番背の高い物を使用しているそうです。その高さなんと5.14mもあるそうです。

これも理由があって、背の高いポットスチルを使用することで雑味がなくなり、軽い味わいになるんだとか…徹底的にウイスキーを造っていることがわかりますね。

グレンモーレンジィの味

グレンモーレンジィ オリジナル


フルーティーな香りとフローラルな華やかな香りが複雑に混じり合ったような心地よさがあります。味は甘さが主体にあるものの、スパイシーさも劣らず存在しており、少々のバニラ香が感じられます。全体のバランスは秀逸な一本です。

グレンモーレンジィ 18年


甘い香りが印象的なグレンモーレンジィ18年はまろやかでマイルドな味わい。フルーティーさとナッツ系の香りが混じっています。軽めのボディなのでおいしく一本飲めてしまいますよ!

グレンモーレンジィ シグネット


グレンモーレンジィの最高傑作とも言われるグレンモーレンジィシグネットは、チョコレートモルトと呼ばれる深煎りのモルトを使用しています。このモルトの引き出す力により驚くほどなめらかで繊細な味わいになっており、甘さとスパイシーさの絶妙なバランスとコクのある複雑な香りが病みつきになる一本です。

グレンモーレンジィの基本的なデータと値段

種別シングルモルト

原料:大麦麦芽

アルコール度数:40度(オリジナル)

43度(18年物/ラサンタ12年物)

46度(シグネット)

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

グレンモーレンジィ オリジナル:5500円

グレンモーレンジィ 18年 : 13000円

グレンモーレンジィ ラサンタ12年: 7100円

グレンモーレンジィ シグネット: 19800円

グレンモーレンジィオススメの飲み方は?

ストレートで楽しむ複雑な味

papasanさん(@gurdy1962)がシェアした投稿


まずはストレートで飲んでほしいグレンモーレンジィ。このウイスキーのポテンシャルの高さを実感できるにはストレートや次に紹介するロックスタイルがいい。

つぼんだワイングラスやテイスティンググラスにグレンモーレンジィを30mlほど入れて香りを楽しみながら飲んでみてください!!

ロックスタイルもおいしい

ストレートスタイルに続いてグレンモーレンジィを愉しむにはロックスタイルもGOOD!

氷が溶けて水が加わることにより、また違った顔を見つけることができます。ウイスキー評論家が認める理由がきっとわかるはずですよ?

なぜか酒が進まない #Lumo #矢田ひろ #グレンモーレンジィ

こうさん(@ds_kou)がシェアした投稿 –

 

こだわりのウイスキーグレンモーレンジィをぜひお試しください!!

他のスコッチウイスキーはコチラから!!