スコットランドの北ハイランドにあるのはダルウィニー蒸留所。ここで造られるウイスキーこそ今回紹介する「ダルウィニー」。

穏やかなスパイシー香とヘザーやハチミツの甘い優しい香りが混じり合うソフトなウイスキーであるダルウィニーの味や値段、オススメの飲み方などを紹介していきたいと思います。

ダルウィニーはスコットランドの最も寒い場所で造られるウイスキー

出典木政商店

1898年に、もともとあった別の蒸留所から発足してできたのがダルウィニー蒸留所。

この蒸留所は、ブレイヴァル蒸留所が設立されるまではスコットランドで一番標高が高い(1073フィート)蒸留所とされていて、気温もスコットランドではトップレベルの寒さを誇る場所にあるそうです。蒸留所自体が気象観測も行なっているそうで、毎朝の気温と湿度を計るのが蒸留所スタッフの仕事だそうです。

出典GOOブログ

このダルウィニーウイスキーの香りに例えられるのが「ヘザー」というスコットランドを代表とする花の名前。赤紫色をしたかわいらしい花の香りは甘く、濃く、穏やかです。

ダルウィニーはヘザーとはちみつの甘い香り、そしてきつくないピート香がバランスよく混じり合っていて心地いいですよ。

ちなみにこの「ダルウィニー」はゲール語で「待ち合わせ場所」を意味しているんだそうです。なんだか素敵な意味ですよね!

ダルウィニーの基本的なデータと値段

種別シングルモルト

原料:大麦麦芽

アルコール度数:43度(17年物、15年物)

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

ダルウィニー 15年物:4800円

ダルウィニー 17年物:6100円

ダルウィニーの味


リンゴや洋梨のようなフルーティーな香りとハチミツやヘザーの甘い香りが引き立っており、アードベッグのようなピーティーな香りはほとんどしません。口に含むとモルト由来の甘味あるおいしさとピートのスパイシーさが押し寄せますが全体的には穏やかでマイルドです。フィニッシュはほとんど余韻を感じさせずにダルウィニーが消えて行きます。

オススメの飲み方は?

トワイスアップがオススメ!

Kojiさん(@koji_mid_ship)がシェアした投稿


元々ピーティーさがあまり主張はしていないウイスキーなのですが、トワイスアップ程度に加水することによってよりフルーティーさが増しますよ!さらにピーティーさやスパイシーさがさらに微弱となり、より飲みやすいウイスキーに変わります。

ロックスタイルでもおいしい!

飲みやすさではなく、ダルウィニーのおいしさを存分に楽しみたいと思う人はぜひロックスタイルで飲むことをオススメします。トワイスアップで消したピーティーさをロックスタイルならまだ感じることができますよ!

ロックで愉しんでください!

zakky.naoyaさん(@zakky.naoya)がシェアした投稿


いかがだったでしょうか?スコッチウイスキー「ダルウィニー」マイルドでも味わいは深いので、チョコレートなんかと一緒に食べると美味しいですよ!!

その他のスコッチウイスキーについてはこちらからどうぞ!!