スコットランドはスペイサイドにあるスペイバーン蒸留所で造られるウイスキー「スペイバーン(SPEYBURN)」。クセが少なくビギナーにもおススメできるスペイバーンの味や香り、値段やオススメの飲み方なんかを紹介していきたいと思います。

スペイバーンはどんな飲み方にも合う柔軟性あるスコッチウイスキー

1897年に創業したスペイバーン蒸留所。スペイバーンとはゲール語で「スペイ川」の意。元々は死刑場だったと言われている場所に建てたそうですが、味や品質には全く問題ないのでご安心を。

そんなスペイバーン蒸留所で造られているウイスキーこそ今回紹介する「スペイバーン(SPEYBURN)」自然豊かな場所で造られているウイスキーです。

その味わいは人気があって、スッキリとレモンのようでさわやか。スコッチウイスキーのなかでも飲みやすい一本です。加水しても薄味になったり香りが損なったりはしないので、水割り、ハイボール、ストレート、ロック…といったようにさまざまな飲み方に対応出来る万能ウイスキーとも言えます。

このおいしさは海外で非常に注目されており、日本で流行りだすのも時間の問題だと思いますね。

値段は安いとは言えませんが、それでもその味わいや香りは一度は飲んでほしいものです。

スペイバーンの基本的なデータと値段

種別シングルモルト

原料:大麦麦芽

アルコール度数:40度(10年物)

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

スペイバーン10年物:3800円

スペイバーンの味

スペイバーン10年

香りはレモンやリンゴのようなフレッシュでスッキリとした香りと多少のスモーキー感があります。口に含むとレモンやライムのような酸味ある味わいが広がり、次第に甘みが表れてきます。なめらかで飲みやすく、クセがないためにウイスキーファンから初心者まで幅広く飲んでほしい一本です

オススメの飲み方は?

オススメはハイボール!!

Shinichi Miyakeさん(@miyakeshinichi)がシェアした投稿


どんな飲み方をしてもおいしいスペイバーンなので、水割りやストレートでも飲んでほしいのですが、特にハイボールにすると食事中なんかにもおいしく飲めるのでオススメですよ!女性にも気に入ってもらえるでしょう!

食後はロックスタイルで。

ハイボールや水割りで食事を楽しむなら、食後はロックスタイルでスペイバーンを愉しみましょう。甘みと酸味のバランスが良くクセがない味わいはついつい飲んでしまいますね!

@sai2.gtr3435がシェアした投稿

いかがだったでしょうか、スペイバーン。数あるスコッチウイスキーの中では歴史が浅いシングルモルトですが、それでも世界中で愛飲者が増えていることは確かです。その味わいをぜひ楽しんでくださいね!!

他のスコッチウイスキーについてはコチラから!