今流行りのクラフトビールと同じように、バーボンにもクラフトバーボンというものがあるということをご存知でしたか?アメリカのクラフトバーボンと言えば「ノブ クリーク」「ベイゼル ヘイデン」「ブッカーズ」、そして「ベイカーズ」今日はその中の「ブッカーズ(BOOKER’S)」についての味わいやこだわり、値段やオススメの飲み方なんかを紹介していきたいと思います。

ブッカーズは樽出しを割水や濾過をせずにボトリングしている!?

出典サントリー

アメリカの大手バーボン蒸留所であるジム・ビーム蒸留所で製造されるプレミアムバーボン(クラフトバーボン)こそ今日紹介する「ブッカーズ(BOOKER‘S)

このウイスキーはビーム家のマスターディーラーのブッカー・ノーさんが生み出したクラフトバーボンです。

しっかりと6〜8年熟成させたバーボン樽から特に厳選した原酒のみをヴァッティングさせ、割水や濾過を一切せずにボトリングをしてしまうというなんとも大胆で個性的な製法で造り上げられているバーボン。

市販のウイスキーのアルコール平均度数が40度前後という世界で、このブッカーズのアルコール度数はなんと63度。この強烈なアルコール度数のせいでなかなか手が出せない人もいるかと思うのですが、そこまでアルコール度数を感じさせないのもこのブッカーズの魅力です(もちろんアルコール感はありますよ!)

ブッカーズの基本的なデータと値段

種別バーボン(クラフトバーボン)

原料:トウモロコシ、大麦麦芽、ライ麦

アルコール度数63度

内容量:750ml

値段(店頭によって値段は変わります)

ブッカーズ:6300円

ブッカーズの味や香り

ブッカーズ


バーボン樽からなるバニラのような甘い香りと濃厚なフルーツの出すような香りが混じり合ってとても優雅です。口に含むとアルコール度数63度とは思えないくらいしなやかでなめらか。キャラメルやバニラの甘さとブッカーズ自体の辛さが見事に調和していてバランスが良い。フルーティーな中にも独特のほろ苦さが感じられて、根強いファンが多数いるということも納得できるクオリティです。

オススメの飲み方は?

スパマキシマムさん(@hiroshi.h1973)がシェアした投稿

ストレート…とは言いませんが、ロックやトワイスアップで!

クラフトバーボンと言うだけあって非常にオリジナティ溢れて、甘みやバランスがよくとれたウイスキーなので是非ストレートで飲んでほしいです。しかし、アルコール度数が63度という数字なので、ストレートでなくともロックやトワイスアップなど、変にコーラやジンジャーエールで割らずに飲んでみてください!職人が丹精込めて造り上げたバーボンを是非愉しんで!

 

いかがだったでしょうか?クラフトバーボン「ブッカーズ」。同じく「ノブクリーク」というクラフトバーボンがあるのですがそちらもおいしいので是非下の記事を参考にしてみてください!!

ノブクリーク-クラフトバーボンと呼ばれるウイスキー-