スコットランドはスペイサイド地方で造られるウイスキーはいくつかの種類が存在しますが、特にウイスキーマニアやファンから支持を得ているブランドこそ今回紹介する「クラガンモア(CRAGGANMORE)」。
クラガンモアの香りは他のウイスキーでは出せないくらい複雑で難解。しかしその風味の良さからウイスキー好きから高い評価を受けています。今日はクラガンモアの味わいや香りなどを紹介していきたいと思います。

クラガンモアは独特な形状のポットスチルで造られるウイスキー。

1869年に創業したクラガンモア蒸留所。この蒸留所はスペイサイド地方に設立され、ポットスチルの上部が平たく独特の形状をしていることで有名です。この形状にすることにより、蒸気中にある不純物が取り除かれて繊細な蒸気のみを採取することが出来るそうですよ!

そんなクラガンモア蒸留所で造られるウイスキーこそ、今日紹介する「クラガンモア(CRAGGANMORE)」。

またクラガンモア蒸留所の創業者であるジョン・スミスさんは、マッカランやグレンリヴェットなどの名だたる銘酒を自身の理想のウイスキー造りのための踏み台にし、最終的には名水求めてクラガンモアという場所に鉄道を敷いてウイスキー造りを始めたとされています。
情熱がすごいのですが、その熱意がこのクラガンモアを生み出したので尊敬するしかないですよね!

クラガンモアの基本的なデータと値段

種別シングルモルト

原料:大麦麦芽

アルコール度数:40度

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

クラガンモア12年:4400円

クラガンモアの味

クラガンモア12年


フローラルでエレガントな香り、バニラやはちみつのような甘い香り、薬草の香り、スモーキーな香りなどの複雑な香りの組み合わせが特徴的。口に含むとスムーズでまろやか。そしてほんの少しのピート感とアルコール感が感じられます。フィニッシュは長めで、じっくりと味わいを楽しめますよ!

オススメの飲み方は?

食事に合わせるならハイボール

ぎーはーさん(@ginohanorita)がシェアした投稿


複雑で難解な香りが特徴のクラガンモアですが、若干のスパイシーさ、スモーキーさがあるので氷が入ったグラスにクラガンモアをグラス1/4程度注ぎ、その後に炭酸で割れば出来上がるハイボールがオススメ。
肉料理なんかによく合うのでお試しあれ!!

食後はロックで!

食事後やクラガンモアの味わいを楽しむならロックスタイルがオススメ!!氷が溶けて変化する味わいを堪能してくださいね!

小澤 佳代さん(@kayo1114queen)がシェアした投稿

いかがだったでしょうか?スペイサイドウイスキーはクラガンモア。ウイスキーマニアやファンなのであれば是非飲んでおくべき一本ですね。

他のスコッチウイスキーについてはこちらからどうぞ!!