スコットランドの中でも特にウイスキー製造で有名なスペイサイド地方。このスペイサイドでは多数のウイスキー蒸留所が存在しており、個性豊かなウイスキーが造られ続けています。そんなスペイサイドモルトウイスキーの中でも今日は甘みあるエレガントな芳香が特徴の「グレンエルギン(GLEN ELGIN)」について紹介していきたいと思います。

グレンエルギンはわずかなエネルギー源で造られるエコなウイスキー?

1898年、チャールズ・ドイグ・オブ・エルギンという蒸留所設計者によって建設された蒸留所が、グレンエルギン蒸留所。このグレンエルギン蒸留所で造られるウイスキーこそ今回紹介する「グレンエルギン(GLEN ELGIN)」です。
この蒸留所は豊富な水源を利用してタービンを回し、そのタービンによる電気量で蒸留所の電力をまかなっているとってもエコロジーな蒸留所なのです。

グレンエルギンは強烈なピート香を持つラガヴーリンやラフロイグなんかとは違って甘くエレガントな香りと味わいを持っているウイスキー。多くのウイスキー専門家たちの舌を唸らせてきたことは言うまでもありません。

またこのグレンエルギンは同じくスコッチウイスキーのホワイトホースの原酒としても活躍しています。

グレンエルギンの基本的なデータと値段

種別シングルモルト

原料:大麦麦芽

アルコール度数:43度

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

グレンエルギン12年:5600円

グレンエルギンの味わいは?

グレンエルギン12年


蜂蜜に似た甘く、エレガントな芳香が特徴的。またモルト由来の甘さある香り、オークの香りが僅かにも感じられます。口に含むと果物のフルーティーさと酸味、そしてスパイシーさが絶妙にマッチした味わいをしており、絶妙なバランスを持っています。ボディもしっかりしているので旨味ある食事に合うウイスキーです。

オススメの飲み方は?

やっぱり初めはストレートで!

R.M.さん(@mke_le)がシェアした投稿


グレンエルギンの優美な芳香としっかりとした味わいを楽しむにはなんといってもストレート!しかしきちんとチェイサーの準備をしてくださいね。口に広がる香りが僅かな加水でも変化するのを愉しんでみてください。

グレンエルギン・ロックは夜の楽しみに。

グラスに大きな氷、そしてそこにグレンエルギンを注ぐと出来上がるグレンエルギン・ロック・スタイル。その色合いといい、香りといい、すべてが美しいウイスキーですね。今夜の密かな楽しみにしてみてはいかがでしょうか..?

かっちゃんさん(@kacchan_1963)がシェアした投稿


スペイサイドのウイスキー「グレンエルギン」はいかがだったでしょうか?スペイサイドならではの味わいを残しつつもしっかりと自身の特徴を持つグレンエルギンを一度は味わってみては?
他のスコッチウイスキーについてはこちらからどうぞ!