今回取り上げるのは、「上級者におすすめのジャパニーズウイスキー銘柄とその特徴6選!」です。おすすめの銘柄だけでなく、その特徴とおすすめの飲み方や愉しみ方などご紹介します!!

最初に、ジャパニーズウイスキーの説明をします。後半は上級者におすすめする代表的な銘柄(ボトル)を一挙にご紹介していきます!

もし初心者におすすめするウイスキーが知りたい方やギフト・プレゼント用で悩んでいる方は「初心者におすすめのジャパニーズウイスキー銘柄とその特徴5選!」をご覧ください!

中級者用の記事もありますよ~

 

ジャパニーズとは

繊細な感覚で多彩な原酒を造り分ける、ジャパニーズウイスキー。

ジャパニーズウイスキーは5大ウイスキーの中で最も歴史が浅いのです。しかし、その優美で繊細な味わいと、日本人の匠たちの技高い術力が世界に認められており、世界の注目となっています。

もともとはスコッチウイスキー(スコットランド)をお手本として作られていますが、現在は日本の四季と風土に合った、日本人にすごく相性の良いウイスキー造りがされています。

製品としては、「モルトウイスキー」「グレーンウイスキー」「ブレンデッドウイスキー」「ヴァッテッドウイスキー(ピュアモルト)」の4種類があります。

 

 

上級者におすすめの銘柄6選

上級者にぜひ味わっていただきたいのが、世界に通用する話題のボトルたちです。超熟した魅力を放つシングルモルトや、日本独自のカフェモルト、ロングセラーの隠れた銘酒など、国内外問わず最高峰と呼び声が高いものばかりです。

価格が安いものから高いものまであります。

 

ニッカ カフェモルト

モルト(大麦麦芽)100%で連続式、ニッカ以外では出していない日本独自のモルトです。

麦芽本来の甘みや香ばしさと、スムーズな味わいが特徴です。

飲み方は、「ストレート」もしくは「オンザロックス(ロック)」がおすすめです!

 

 

駒ヶ岳

クラフトウイスキーの魅力が凝縮されているジャパニーズウイスキー。
若くアルコール感がありますが、リッチでパワフルな香味があり、甘みとフルーティさも少しあります。

飲み方は、アルコール度数57なので、「トワイスアップ」もしくは「水割り」がおすすめです!

 

 

フロムザバレル

「余市」と「宮城峡」で熟成されたモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしてつくられる骨太なジャパニーズウイスキー。

欧米で絶大な人気を誇るニッカのロングセラーになります。

骨太でコクがあり、重厚な味わいが特徴のコスパが良いブレンデッドウイスキー。

 

山崎 18年

圧倒的な熟成感が堪能できるジャパニーズ最高峰の逸品。

シェリー樽由来甘いドライフルーツと香ばしいビターチョコレートの深いコクがある香味が特徴のジャパニーズウイスキーです。

飲み方は、「ストレート」もしくは「水割り」がおすすめです!

 

 

白州 18年

豊かな自然に囲まれた世界でも珍しい「森の蒸溜所」で生まれたジャパニーズのシングルモルト。

爽快さはそのままで、長期熟成ならではの深い味わいと香りがあり、複雑なコクと甘み、豊かな樽香が見事に調和しています。かすかにスモーキーな余韻があります。

飲み方は、「ハイボール(ソーダ割)」か「クラッシュミスト」、「オンザロックス(ロック)」、「1,2滴加水」がおすすめ!

 

 

響 21年

日本の四季と日本人の匠の技が磨いた和の極致といわれる最高峰のジャパニーズのブレンデッドウイスキー。

酒齢21年以上だからこその重厚なコシとコク、奥行きのある長いアフターテイストが特徴のまさに最高峰のウイスキー。

レーズンやビターチョコレートを思わせる香りと、甘さの中にもスパイシーな味わいがあります。

飲み方は、「ストレート」もしくは「オンザロックス(ロック)」がおすすめ!

 


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!