今回取り上げるのは、初心者におすすめのスコッチモルトウイスキーです。おすすめの銘柄だけでなく、その特徴とおすすめの飲み方や愉しみ方などご紹介します!!

最初に、スコッチモルトウイスキーの説明をします。後半は代表的なおすすめのボトルを一挙にご紹介していきます!

 

スコッチとは

スコットランドの風土が織りなす「蒸留酒の王様」たる存在感、スコッチウイスキー。

スコッチは5大ウイスキーの中でも突出した存在です。スコットランドの風土がウイスキー造りに適していること、蒸留所の個性をはぐくむ多様な自然環境があることが大きいのです。

スコットランドはイギリスを構成する4地域の一つで、面積は北海道よりも小さいくらいです。そこで造られるウイスキーがウイスキー全消費量の6割近くを占めているスコッチなのです。

また、全世界に広がるウイスキーの祖といえる存在があり、日本のウイスキーであるジャパニーズはこのスコッチを見習って造られ始めました。

スコッチウイスキーは造られる地域【スコッチ6大産地】により、全く異なる個性があります。詳しく知りたい方は「スコッチウイスキー蒸留所産地・地域別特徴の驚きの違いとは!?」をご覧ください!

 

 

初心者におすすめのシングルモルト銘柄7選

個人的にはスコッチ初心者ほど最初から特徴があるものを飲んでほしいです!スタンダードで飲みやすいものからスタートして、個性がはっきりとわかる銘柄で、各タイプをご紹介します!

参考までにですが、飲む順番は「さわやか」→「フルーティ」→「スモーキー」のほうがいいですよ!

 

ザ・マッカラン 12年(The Macallan 12)

シングルモルトのロールスロイスと称される、こだわりが生きるスペイサイドモルトの巨人、ザ・マッカラン。

スパニッシュオークのシェリー樽を100%使用しており、他の「ダブルカスク 12年」や「ファインオーク 12年」とは違う個性があります。

色は赤みがかった琥珀色で、気品あふれる金色の輝きがあります。香りは濃厚なシェリー樽が中心でドライフルーツなどの複雑さもあります。味わいは深くリッチで甘く、口当たりはスムーズです。

まさに「マッカランの代名詞」といえる逸品です。

 

 

ザ・グレンリベット 12年(The Glenlivet 12)

スコッチの代表格、やはりスペイサイドモルトと思わせるオールマイティな逸品。

香りは柑橘系のアロマの上品さがあり、洋ナシやはちみつのような甘い匂いがします。味わいは、はちみつのような甘みの奥にビターオレンジが潜んでいます。芳醇でマイルドなバランスの良い印象です。

飲み方は、「ストレート」もしくは「少量加水(1,2滴程度)」がおすすめです!

 

 

グレンフィディック 12年(Glenfiddich 12)

さわやかでライトなシングルモルトの巨星であるスコッチウイスキー、グレンフィディック。

スペイサイドモルトの良いところを凝縮した銘酒で飲み飽きることがありません。

香りは洋ナシのようなフレッシュさがあり、はちみつ香がします。味わいは、ライトでフレッシュな飲み心地があり、麦芽と微かなオークの甘みもあります。

飲み方は、「ハイボール(ソーダ割)」か「クラッシュミスト」がおすすめ!

 

 

グレンモーレンジィ オリジナル(Glenmorangie Original)

スコットランドで一番人気のシングルモルト、樽のパイオニアと称される見事に磨かれたハイランドモルトウイスキー。

アメリカンホワイトオークのバーボン樽のみを使用しています。「ウッドフィニッシュ」といわれる革新的な技術を使っています。

はちみつやバニラの香りにミントのさわやかさもあります。味わいは甘みがあり、ライトで口当たりはいい印象です。フィニッシュは切れが良くすっきりとした飲み心地です。明るいレモンゴールドの輝きはこのグレンモーレンジィならではなのです。

飲み方は、「ストレート」もしくは「オンザロックス(ロック)」がおすすめ!

 

ハイランドパーク 12年(Highland Park 12)

最北の蒸留所で造られる「最上のモルトウイスキー」であり、「北の巨人」と称されたアイランズモルトウイスキー。

このハイランドパークは、「スモーキー&ハニー」が代名詞で、女性にも好評で魚介類やチーズに合うと評判のアイランズモルトウイスキーなのです。

深みのある甘い香りとスモーキーさのバランスが世界でも最高峰。加水するとより甘みが増します!甘・辛・酸のバランスが見事すぎます。

香りはスモーキーですが、ビターチョコレートのような香りもあり、加水するとスモーキーさも増します!

 

 

ラフロイグ 10年(Laphroaig 10)

「アイラの王者」ともいわれるほどの強烈なピート香と磯の香りでガツンとさせてくれるアイラモルトウイスキーの代表格。

一度ファンになったら一生飲み続けてしまう魔法のようなスコッチです。

磯の香りやヨード香といわれる薬品のような香りが強烈で、味わいは果実の甘みとスパイシーなピート香が漂います。

おすすめの飲み方は、「ストレート」もしくは「オンザロックス(ロック)」、飲みなれてきたら「ハイボール」もいいですよ。

 

 

タリスカー ストーム(Talisker Storm)

「酒の王者」の伝統を継いだ荒々しさとエレガンスの共存が愉しめるアイランズモルトウイスキー、タリスカー。

「口の中で爆発するような」「下にピリピリとくる胡椒の風味」と表現されています。

明るい金色の色合いに、やわらかなスモーキーの香りと甘い麦芽、そして胡椒のようなスパイシーさと潮風の風味もあり、絶妙なバランスのクリーンな後味が続きます。

 


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!