一般的にアメリカのケンタッキー州で造られるウイスキーを主にバーボンと呼びます。そんなバーボンも遡ること1800年代後半。ケンタッキー州ローレンスバーグで造られたバーボンブランドがあり、その名を「ワイルドターキー(WILD TURKEY)」と言いました。このウイスキーは世界中で愛されていて、非常に人気のあるブランドです。今日はそんなワイルドターキーの味わいなどを紹介していきます。

ワイルドターキーの名前は七面鳥からなる?

1869年にリッピー兄弟がケンタッキー州のローレンスバーグで蒸留所を設立をし、彼らが造ったバーボンがなんと1893年にはケンタッキー州を代表するバーボンにまで成長しました。

このケンタッキー州代表となったバーボンこそ、後に世界中で愛飲されることとなる「ワイルドターキー(WILD TURKY)」なのです。

ワイルドターキーという名前は蒸留所オーナーのトーマス・マッカーシーが七面鳥のハンティング時に友人達にバーボンを振る舞ったことに由来します。ワイルドターキーのボトルにも野生の七面鳥が描かれており、非常に目立つバーボンウイスキーです笑

 

出典サントリー

意外な愛飲者…?

そんなワイルドターキーの愛飲者として「ドワイド・D・アイゼンハワー元アメリカ大統領」や「ルパン3世の次元」、「範馬刃牙の花山薫」などなど現実からアニメまで幅広く愛飲されています。ワイルドターキー恐るべし。

ワイルドターキーの基本的なデータと値段

種別バーボン

原料:トウモロコシ、大麦麦芽、ライ麦

アルコール度数:40度

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

ワイルドターキー8年:2450円

ワイルドターキーレアブリード:3750円

アメリカンハニー:2080円

ワイルドターキーダイヤモンドアニバーサリー:13500円

 

ワイルドターキーの味わい

ワイルドターキー8年


グラスに注ぐとバーボンらしいバニラやカラメルのような甘い香りとオーク樽の独特の香りが主張しています。口に含むと100プルーフ(50度)近くあるアルコール度数からスパイシー感やアルコール感はあるものの、穀類の味わいが良く出ているので心地よい味わいです。余韻も長く愉しめますよ!

オススメの飲み方は?

ストレートかロックで!

ワイルドターキーは基本的に加水したり、コーラやジンジャーエールで割ったりすることなくそのまま飲むのがおいしいです。味わいや香りなどが他のバーボンよりも強いので、ストレートでもおいしく飲めます。ただしチェイサーを必ずつけるのと飲み過ぎには気をつけてくださいね!

Hidetoshi Furukawaさん(@olds_automotive)がシェアした投稿

いかがだったでしょうか?アメリカウイスキーの代表格「ワイルドターキー(WILD TURKY)」このバーボンは世界でもよく飲まれているバーボンなのでまだ飲んだことのない方は是非飲んでみてくださいね!

 

その他のアメリカンウイスキーについてはこちらからどうぞ!