今回取り上げるのは、初心者におすすめのスコッチブレンデッドウイスキーです。おすすめの銘柄だけでなく、その特徴とおすすめの飲み方や愉しみ方などご紹介します!!

最初に、スコッチブレンデッドウイスキーの説明をします。後半は代表的なおすすめのボトルを一挙にご紹介していきます!

 

スコッチとは

スコットランドの風土が織りなす「蒸留酒の王様」たる存在感、スコッチウイスキー。

スコッチは5大ウイスキーの中でも突出した存在です。スコットランドの風土がウイスキー造りに適していること、蒸留所の個性をはぐくむ多様な自然環境があることが大きいのです。

スコットランドはイギリスを構成する4地域の一つで、面積は北海道よりも小さいくらいです。そこで造られるウイスキーがウイスキー全消費量の6割近くを占めているスコッチなのです。

また、全世界に広がるウイスキーの祖といえる存在があり、日本のウイスキーであるジャパニーズはこのスコッチを見習って造られ始めました。

スコッチウイスキーは造られる地域【スコッチ6大産地】により、全く異なる個性があります。詳しく知りたい方は「スコッチウイスキー蒸留所産地・地域別特徴の驚きの違いとは!?」をご覧ください!

 

 

初心者におすすめのブレンデッド銘柄5選

個人的にはスコッチ初心者ほど最初から特徴があるものを飲んでほしいです!スタンダードで飲みやすいものからスタートして、個性がはっきりとわかる銘柄で、各タイプをご紹介します!

スコッチブレンデッドウイスキーは、世界3位の売り上げを誇るジョニーウォーカーをはじめ、シーバスリーガル、バランタイン、カティサークなど日本にいても手に入りやすい銘柄が多いのも特徴です。

参考までにですが、飲む順番は「さわやか」→「フルーティ」→「スモーキー」のほうがいいですよ!

 

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年(Johnnie walker black label 12)

世界で一番飲まれているスコッチウイスキーであり、スコッチを代表する存在。

アイラモルトが効いた、上品なスモーキーさが特徴です。

 

 

シーバスリーガル 12年(Chivas Regal 12)

世界200か国以上で飲まれているスコッチの代表的な逸品。

上記に挙げたジョニーウォーカーとは対極的な味わいであり、スペイサイドに隠し味でのアイラが入っています。

バニラとヘーゼルナッツの風味に、はちみつや熟したリンゴの味わいがあり飲みやすい。

日本のためだけに用意された「シーバスリーガル ミズナラ12年」もあり、最高です!とってもおすすめです!

 

 

バランタイン 17年(Ballantine’s 17)

スコッチウイスキー世界第2位の販売量を誇る、「ザ・スコッチ」と称されるバランスに優れたウイスキー。

 

 

デュワーズ ホワイトラベル(Dewar’s White label)

北米で一番人気の、必ずバーで見かけるとても有名な銘柄といえば、デュワーズ。

 

 

ザ・フェイマスグラウス ファイネスト(The famous grouse finest)

30年以上スコットランドで一番飲まれている、国鳥である雷鳥(グラウス)が描かれている名酒。

 

 

 

 


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!