今回は「ウイスキーのモルト・グレーン・ブレンデッドの全種類とその特徴」について、解説をしていきます!

よく言われているシングルモルトやシングルグレーンとは?といった感じで、ご紹介していきます!単式蒸留と連続式蒸留の違いや、モルトとグレーンの違い、ブレンデッドとヴァッテッドの違いなどをご紹介!

 

ウイスキーの種類とその特徴

原料と蒸留方法の違いにより2種類の原酒に分けられます。簡単にざっくりとですが、

  • モルトウイスキー:モルト(大麦麦芽)のみを原料に、単式蒸留器で蒸留したウイスキー
  • グレーンウイスキー:トウモロコシなどの穀物を使い、連続式蒸留器で蒸留したウイスキー

さらにこの二つをブレンドしたものが「ブレンデッドウイスキー」といいます。

 

シングルモルトとシングルグレーンの違い

シングルモルトは、単一のモルト蒸留所で造られた、複数の樽のモルト原酒を混ぜて瓶詰めしたもの。

シングルグレーンは、単一のグレーン蒸留所で造られた、複数の樽のグレーン原酒を混ぜて瓶詰めしたもの。

そして、単一のモルト蒸留所単一の樽のみから瓶詰したものを「シングルカスク」といいます。

ちなみにカスクとは、「樽」という意味です。

 

 

ブレンデッドとヴァッテッドの違い

ではブレンデッドとヴァッテッドの違いについて、解説していきます!

  • ブレンデッドウイスキー:複数の蒸留所のモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜて造られたもの。
  • ヴァッテッドウイスキー:複数のモルト蒸留所のモルトウイスキーのみを混ぜ合わせて瓶詰めしたもの。

 

単式蒸留と連続式蒸留の違い

こちらは後程、掲載していきますね!

お楽しみに!!

 

 

 

 

 


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!