今回取り上げるのは、上級者におすすめのスコッチブレンデッドウイスキーです。おすすめの銘柄だけでなく、その特徴とおすすめの飲み方や愉しみ方などご紹介します!!

最初に、スコッチブレンデッドウイスキーの説明をします。後半は代表的なおすすめのボトルを一挙にご紹介していきます!

 

スコッチとは

スコットランドの風土が織りなす「蒸留酒の王様」たる存在感、スコッチウイスキー。

スコッチは5大ウイスキーの中でも突出した存在です。スコットランドの風土がウイスキー造りに適していること、蒸留所の個性をはぐくむ多様な自然環境があることが大きいのです。

スコットランドはイギリスを構成する4地域の一つで、面積は北海道よりも小さいくらいです。そこで造られるウイスキーがウイスキー全消費量の6割近くを占めているスコッチなのです。

また、全世界に広がるウイスキーの祖といえる存在があり、日本のウイスキーであるジャパニーズはこのスコッチを見習って造られ始めました。

スコッチウイスキーは造られる地域【スコッチ6大産地】により、全く異なる個性があります。詳しく知りたい方は「スコッチウイスキー蒸留所産地・地域別特徴の驚きの違いとは!?」をご覧ください!

 

 

上級者におすすめのブレンデッド銘柄5選

王道を行く、歴史を感じる、そんないいものを飲みたい。このクラスのブレンデッドはオンザロックス(ロック)にしてもボディが崩れないです。

場所や雰囲気、氷、水などにこだわって一杯を愉しんでもらいたい。

参考までにですが、飲む順番は「さわやか」→「フルーティ」→「スモーキー」のほうがいいですよ!

 

ジョニーウォーカー ブルーラベル(Johnnie walker blue label)

 ジョニーウォーカーシリーズの最高峰のボトル。

熟成の頂点に達した貴重なモルト原酒を使用しています。

 

 

ザ・ロイヤルハウスホールド(The Royal House hold)

皇太子専用のスコッチとして誕生し、英国王室特別の許可により販売される幻のスコッチ。

わずか3か所(バッキンガム宮殿、日本国内)のみでしか販売されず、選りすぐった45種類の希少な原酒のみをブレンドしてあります。

穏やかさの中に複雑なアロマを持つ気品あふれる香味を持ちます。

ローヤルサルート 21年(Royal Salute 21)

エリザベス2世の戴冠式を記念して作られたロイヤルサルート中でも最高峰の逸品。

ボトルカラーは、サファイア、ルビー、エメラルドの三種になっており、王冠の宝石を象徴しています。

21年以上熟成させた原酒をブレンドしており、上品さを極めた味わいとなっています。

アンティクァリー 12年(Antiquary 12)

スコットランドで絶大な人気を誇る文豪に由来した、「ジ・アンティクァリー(好古家)」の名を冠したボトル。

30種類以上のモルト原酒を、45%以上という高い比率でブレンドさせています。

味わいは上品でバランスのとれたものとなっています。

Amazonで検索しても出てきませんでした。

バランタイン 30年(Ballantine’s 30)

30年という気の遠くなるような熟成がされた、名門バランタイン最高峰の逸品。

30年以上眠っていた原酒をブレンドし、輝く円熟の極みに達したものとなっています。

限りなくエレガントな余韻が特徴で味わいは深くまろやかでフルーティさがあります。チョコレートやオレンジも感じられ、バランスがとても良いです。

ぜひ、ストレートで味わっていただきたいです。


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!