スコットランドはスペイサイド地方のエルギンにあるベンリアック蒸留所。ここの蒸留所で造られるウイスキー「ベンリアック(BENRIACH)」が2017年12月末をもって発売終了することが決まりました。今日はそんなベンリアックが無くなってしまう前に気になる味わいや値段などを紹介していきたいと思います。

ベンリアックは日本でも人気のあるスコッチウイスキー

ベンリアック蒸留所の創業は1898年のこと。スコットランドのスペイサイド地方は多数の蒸留所があることで有名ですが、ベンリアック蒸留所はその内の一つとなっています。

そんなベンリアック蒸留所で造られるウイスキーこそ「ベンリアック(BENRIACH)」。

今まではブレンデッドウイスキー用の原酒として活躍してきたものの、1994年にシングルモルトウイスキーを発売。そこからさまざまな種類のウイスキーを発売し、世界中にベンリアック愛飲者をつくりました。

 

しかし、そんなベンリアックが2017年12月末をもって発売終了することを発表しました。

急な発売終了のお知らせにベンリアック愛飲者はため息しかでません。しかし、ベンリアック蒸留所が潰れるというわけではないのでご安心を。今日はそんなベンリアックの味わいや値段を紹介していきます!

ベンリアックの基本的なデータと値段

種別シングルモルト

原料:大麦麦芽

アルコール度数:46度

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

ベンリアック12年シェリーカスク:111800円

ベンリアックの味わいは?

ベンリアック12年シェリー


グラスに注ぐと樽の香り、そしてシェリー香が混じり合ってなんとも素晴らしい香りです。口に含むとジャムのような甘味ある味わいの中にほんの少しのスモーキーさがある。

フィニッシュはスパイシーさとスモーキーさが混じったのような感じで全体的に飲みやすい一本です。

 

オススメの飲み方は?

ストレートかロックで!

🌕🌖🌗🌘🌑🌒🌓🌔🌕さん(@m.o0506)がシェアした投稿


香り立つウイスキーなだけあって冷やすと香りが落ちてしまいそうになるのですが、このベンリアックはそこまで香りが落ちないのでロックがおいしいです。また、ロックが好きでない方はストレートで頂くのも悪くないです。ベンリアックの素晴らし味わいをどうか味わってみてくださいね!

 

いかがだったでしょうか?スコットランドの銘酒ベンリアック。12年末には発売終了なのでほしい方は早めの購入をオススメします!

その他のスコッチウイスキーについてはこちらからどうぞ!!