今回取り上げるのは、上級者におすすめのアメリカンウイスキーです。おすすめの銘柄だけでなく、その特徴とおすすめの飲み方や愉しみ方などご紹介します!!

最初に、アメリカンウイスキーの説明をします。後半は上級者におススメする代表的なボトルを一挙にご紹介していきます!

 

アメリカンとは

バーボンに代表される力強い味わい、激動の歴史をくぐりぬけてきた開拓者たちが生んだウイスキー。

スコッチ・アイリッシュがもとで造り始められたアメリカンウイスキーは、ウイスキー戦争や禁酒法などの激動の時代を得て、スコッチやアイリッシュとは異なる独自の個性を生んでいきました。

 

押さえておきたいアメリカンウイスキーは、最もポピュラーなバーボンウイスキー、現在ジャックダニエルが単独銘柄として世界一の売り上げを誇っているテネシーウイスキー

テネシーウイスキーとバーボンウイスキーの違いは、テネシーウイスキーの製法が「チャコールメローイング製法」という独自の製法を用いていることが一つ、もう一つはテネシー州で造られることによります。

・特徴

バーボンウイスキートウモロコシ51%以上使用

ライウイスキー:ライ麦を51%以上使用

ホイートウイスキー:小麦を51%以上使用

モルトウイスキー:大麦麦芽を51%以上使用

ライモルトウイスキー:ライ麦麦芽を51%以上使用

コーンウイスキー:トウモロコシを80%以上使用

 

・アメリカンの法定義

  1. 穀物類を原料とする
  2. アルコール度数95%以下で蒸留させる
  3. オーク樽で熟成させる(コーンウイスキーは必要なし)
  4. アルコール度数40%以上で瓶詰めする

 

 

上級者にオススメの銘柄3選!

選りすぐりの日本限定商品であるブラントン、今の一つの流れを築いた少量生産のブッカーズ、19世紀初頭のバーボンを今に伝えるウッドリザーブです。

こだわりを知ってから飲みたいボトルたちです!ぜひ愉しんでみてくださいね~

 

ウッドフォード リザーブ(Woodford Reserve)

大手のバーボンで唯一ポットスチルを使用した、こだわりの手造りバーボンウイスキー。

 

スーパープレミアムバーボンとして有名な、希少なバーボンウイスキーです!

スパイシーかつパワフルなバーボンらしい骨格を持ちながらも、非常にまろやかです。

ストレートで飲むのがおすすめですが、カクテルロックもいいですよ!

 

ブッカーズ(Booker’s)

ブッカーノーの最高傑作といわれるクラフトバーボンの先駆けである、スモールバッチバーボン。

6年以上熟成した樽を厳選し、加水やろ過を一切しない樽出しのままボトリングしています。

アルコール度数は64%以上ありますが、しなやかさと強いフルーティさかつ独特のほろ苦さを持ちます。

 

 

ブラントン ストレート フロムザバレル(Blanton’s)

バッファロートレース蒸留所の選りすぐりの原酒を日本のために詰めた、日本だけの超プレミアムな銘酒。

樽ごとに微妙に味や香りが異なる原酒の中でより風味に秀でた樽だけを厳選し、ろ過せずにボトリングをしています!

アルコール度数が66%とかなり高く、豊潤でパワフルなバーボンです!

販売ルートが限られているウイスキーなので、入手方法は要検討!

 


The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!