世界5大ウイスキーと言えばスコッチウイスキー、カナディアンウイスキー、ジャパニーズウイスキー、アイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキーですが、そんな中でも英国女王エリザベス2世の為に造られたウイスキーはこの「ローヤルサルート(ROYAL SALUTE)」くらいしかありません!今日はそんなローヤルサルートについて紹介していきたいと思います。

ローヤルサルートはエリザベス2世の戴冠式を記念して造られた?

時代は1953年、イギリスの女王であったエリザベス2世が戴冠(王が即位した後に初めて王冠を頭にのせること)するという戴冠式を記念して、シーバスブラザーズ社がブレンデッドスコッチウイスキーを造りました。

そのブレンデッドスコッチウイスキーの名前は「ローヤルサルート(ROYAL SALUTE)

このローヤルサルートはとことんこだわって作られたウイスキーで、21年以上熟成させた原酒しか使われていません。

この21という数字は、皇礼砲と呼ばれる英国軍が王室に対する敬意として特別に鳴らされる空砲が21発撃たれたことに由来します。

ローヤルサルートのボトルは赤、青、緑の3種類があり、女王の王冠の宝石の色を表しています。すごくこだわっていますね笑

ローヤルサルートの基本的なデータと値段

種別ブレンデッドウイスキー

原料:大麦麦芽・穀類

アルコール度数:40度

内容量:700ml

値段(店頭によって値段は変わります)

ローヤルサルート:12500円

ローヤルサルートの味わい

ローヤルサルート


グラスに注ぐとキレイな琥珀色をしており、華やかでフルーティーな香りが広がります。しかし、口に含むと辛く、しっかりとしたボディの味わいが口に広がります。

エリザベス女王の優しさと幽玄さを表しているように感じられますね笑

オススメの飲み方は?

ローヤルサルートはロックにすると面白い!

酒のにしださん(@sakenonishida)がシェアした投稿


ローヤルサルートを大きめの氷が入ったグラスに注いでロックスタイルで飲むと美味しいです!ストレートで飲むよりも一層の華やかさを愉しんで飲むことができます!

ビターな後味なのでどんな飲み方でも初心者には飲みやすいと感じることはないかもしれません。しかし、エリザベス2世を彷彿とする味わいは是非一度は飲んで見てほしいです!

 

いかがだったでしょうか?高級ブレンデッドスコッチウイスキー「ローヤルサルート(ROYAL SALUTE)」。

興味のある方は是非購入してみてくださいね!

その他のスコッチウイスキーはこちらからどうぞ!!