健康に気を使ったり、着たい服を着る為にダイエットを頑張っている人はたくさんいますよね!ですがそんなダイエット中でも疲れた1日の締めにアルコールを摂取したい人も多いはず…そんな時に飲んでも太りにくいお酒の種類を今日は紹介していきたいと思います!

ビール?焼酎?ウイスキー?どれを飲んだら痩せるかな?

よくダイエット中でも飲んで良いアルコールとしては焼酎やウイスキーがおススメされていますが、それは本当でしょうか?

別にビールを飲んでも太らないのではないかと思っている人もいるかもしれません。そこで今日はそれぞれのカロリーについて調べてみました!その結果がこちら!

  • ウイスキー237.1kcal(100gあたり)
  • 焼酎206kcal(100gあたり)
  • ビール39.9kcal(100gあたり)

予想以上にウイスキーや焼酎のカロリーが高かったです。

じゃあビールを飲めば痩せる…のか?

そんなにビールのカロリーが低いのであればきっといくら飲んでも大丈夫!そう思っていませんか?

実はビールには大きな落とし穴があったのです。その落とし穴とは

 

ビールには糖質が含まれているということ

 

これが非常に恐ろしい罠です。そもそも糖質は日々の生活の中で燃焼され、使用されていますが、使われなかった分は脂肪となって蓄えられる。すなわちデブの一歩となってしまうのです。

ウイスキーは糖質0だって!?

そんな糖質を含んでいておいしい悪魔的飲み物なのがビール。それとは対象に糖質が0なアルコールがあるのです。そのアルコールこそ「ウイスキー

ウイスキーは蒸留酒と呼ばれる製法ゆえに、脂肪になる原因である糖を含んでいません

そのため飲んでもビールより太りにくく、ダイエットに最適なアルコールと言えるのです。

さらにビールと違って水割りやロック、ハイボールなど割り方も多彩なうえに割るものも糖質0(水なので…笑)

なんてダイエット向きなやさしいアルコールなのでしょうか。

でもウイスキーの方がビールよりカロリーが高くなかった?

今までの説明でビールの糖質がデブへの道になっていることは理解して頂けたかと思います。しかし最初にカロリー数を表示しましたね。あの時はビールの方がカロリーが低かったです。

もう一度カロリーデータを見ておきましょう。

  • ウイスキー237.1kcal(100gあたり)
  • 焼酎206kcal(100gあたり)
  • ビール39.9kcal(100gあたり)

この数字を見て、結局はウイスキーを飲んでいても関係ないとお思いの方もいたかもしれませんね。

しかし、じつはこのカロリー数は全て100gあたりのカロリー数なのです。

まさかウイスキーをビールと同じ感覚でグビグビ飲みませんよね?

そうです!これらの数字を一杯あたりのカロリー数に変換すれば良いのです。

ということでカロリー計算をしたところ下のようになりました。

  • ビール  71.8kcal(180ml)
  • ウイスキー 水割り 71.1kcal(ウイスキー30ml)

ほとんど一緒のカロリー数になりました。しかし、糖質を含んでいるのはビールだけ…もうおわかりですね?

ダイエット中はウイスキーでしょ!!

ダイエットを頑張っている人たちの味方はビールではなく、ウイスキーです。

かといって飲みすぎは太りますし、なによりアルコールなので飲みすぎには十分注意してくださいね!

ちなみにニッカウヰスキーや角ウイスキーなど、どのウイスキーでも糖質は0なので安心してくださいね!

このサイトでは世界各国のウイスキーについての情報が載っているので是非参考にしてくださいね。

このサイトのトップページはコチラから