アイラ/アイレイ

アイラ島はスコットランドの西南にある「ウイスキーの聖地」とも呼ばれている島で独特のスモーキーかつピーティーなウイスキーの故郷です。個性豊かで世界的にも人気のある、アイラ島内のシングルモルトウイスキー蒸留所でもあるスコッチ。日本ではアイレイと呼ばれてきたが、現地での発音はアイラです。淡路島とほぼ同じ面積にたった3千数百人しか住んでいないのに、8つの蒸留所がある、ウイスキー好きにとってまさに聖地です。そのモルトは、ヨードの香りとピートの燻香が強いのが特徴になっています。もちろん蒸溜所ごとに濃淡の差があり、今後紹介する予定ですのでお楽しみに。 多くのブレンデッド・スコッチに、ごく少量ブレンドされ、スコッチらしい頑固な味を生み出しています。

アイリッシュウイスキー

アイルランド島でつくられるウイスキー。アイルランド島は、政治的にアイルランド共和国と、英領北アイルランド自治州から成っているが、どちらでつくられたものも、アイリッシュウイスキーです。
そのウイスキーづくりの現存する記録はスコットランドのスコッチより古く、1172年、アイルランド遠征のイングランド軍が、ウイスキーの前身とみられる蒸溜酒のことが記載されています。現在のアイリッシュウイスキーは、大麦を主体にライ麦、小麦などを補助材料とし、ピート香をつけていない大麦麦芽を加えて糖化、発酵ののち、単式蒸溜機で3度蒸溜します。これはアイリッシュ・ポットスティル・ウイスキーと呼んでいます。1970年以降、これにグレーン・スピリッツをブレンドしたものが生まれ、輸出用の主流になりました。こちらがアイリッシュ・ブレンデッド・ウイスキーといわれています。スモーキー・フレーバーがなく、まろやかで軽い風味になっているのが特徴です。アイリッシュウイスキーは日本ではまだ有名ではないものが多い中、代表的な銘柄に「ミドルトン・ベリーレア」「タラモア・デュー」「ジェムソン」などがあります。アイリッシュウイスキーを使ったカクテルでは「アイリッシュ・コーヒー」が有名です。ホット・コーヒーに赤ザラメ、アイリッシュ・ウイスキーを入れ、生クリームをフロートする。アイルランドのシャノン空港で、第2次大戦直後に生まれたホット・カクテルだそうです。

アイリッシュウイスキーは大別して4種類の形態に分かれています。

ピュアポットスティル(モルトにした大麦(麦芽)と、未発酵の大麦などを組み合わせたウイスキー。2011年以降はシングルポットスティルという呼称が使われるようになった)、モルトウイスキー(100%モルトにした大麦が原料のウイスキー。シングルモルトアイリッシュウイスキーとも呼ばれる)、ブレンデッド(モルトにした大麦と小麦のようなモルトにしない穀物をブレンドするウイスキー)、そしてコラムスティルで蒸留する穀物から作るグレーン・ウイスキーの4種である。

アイリッシュ・ウイスキーだけに見られるのが、ピュアポットスティルウイスキーです(100%大麦を使いながらモルトしたものとしないものを両方使い、ポットスティルで蒸留する)。「生の」モルトしない大麦を使うことで、ピュアポットスティルウイスキーをピリッとした味わいにし、これがアイリッシュ・ウイスキーを独自の味わいにしている。蒸留所の責任者たちはピュアポットスティルウイスキーに強い愛着を持っており、この傾向はブレンデッドウイスキーが一般的になる1960年代以降まで顕著だった。

ピュアポットスティルウイスキーの持つ価値が薄れ、アメリカの市場に向けてスコッチウイスキーと同タイプの軽い味わいのブレンデッドウイスキーを生産する必要に迫られると、1960年代から1970年代の間にかけてブレンデッドウイスキーの生産が開始されました。アイルランドで操業している蒸留所が少ないため、グレーンウイスキーと混ぜる原酒の種類はスコッチウイスキーに比べて乏しいが、新ミドルトン蒸留所で作られるピュアポットスティルウイスキーを原酒とするブレンデッドウイスキーは、スコッチウイスキーに無い独特の風味を持っていることが評価されました。

グレーンウイスキーはシングルモルトより軽く癖のない味わいで、1種類だけで瓶詰めすることはほとんど無く、ブレンデッドウイスキーの素材としてモルトウイスキーとブレンドして使われています。

アフターテイスト

一般的には、口に残る香味をいいます。ウイスキーの場合、舌で味わった後、唇を閉じ、鼻孔から息を吐き出して利き楽しみます。すぐれたウイスキーほど、快い香りと味わいがよく残り、余韻を楽しむことができるのが特徴です。その余韻が何秒持続するか、カウントダウンするのも、ウイスキーの楽しみ方のひとつです。良いウイスキーは人それぞれ違いますので、楽しんでお飲みください。

アメリカンウイスキー

アメリカでつくられるウイスキーの総称になります。連邦アルコール法では、ウイスキーを30以上のタイプに細分して規定しているが、現実にはストレート・バーボン、ストレート・ライ、コーン、ブレンデッドなどのウイスキーが市場で流通しています。この他に、ストレート・バーボン、ストレート・ライなどに適用されるボンデッド・ウイスキーという規定もあります(ボトルド・イン・ボンドの項参照)。なお、「ジャック・ダニエル」などのテネシー・ウイスキーは、法的にはバーボンの規定に沿ってつくられるが、蒸溜直後サトウカエデの炭で濾過しており、商習慣上別格のテネシー・ウイスキーとして取り扱われているのが現状です。

アメリカンブレンデッドウイスキー

アメリカ独自のタイプのブレンデッド・ウイスキー。スコッチのブレンデッド・ウイスキーとまったく異なるタイプなので、アメリカンという名称を冠して呼ばれることが多い。
ストレート・バーボンのようなストレート・ウイスキーを、アルコール度数50度に換算して20%以上使用し、残りを他のウイスキーやニュートラル・スピリッツなどでブレンドしたもの。度数40度以上で瓶詰めする。軽く爽やかな口当たりで、飲みやすいのが特徴。

アクアヴィテ

ウイスキー、オー・ド・ヴィー(ブランデーのフランス語)、ウォッカ、アクアヴィットなどの蒸溜酒の語源は、いずれも ”生命の水”に由来する。蒸溜法を広めたのは錬金術師であり、各地の地酒から蒸溜酒をつくったさいに、ラテン語で、”生命の水”を意味するアクア・ヴィテAqua-Vitaeという名でその酒を呼んだ。これが、現地の言語に訳され、アイルランドやスコットランドではウシュク・ベーハーからウイスキーに、フランスではオー・ド・ヴィーに、ロシアではズィズネニャ・ワダからウォッカに変わった。北欧のアクアヴィットは、ラテン語が少し変化しただけの正統的な酒名ということができる。

ヴァッティング/vatting

モルト・ウイスキー独特の用語。ヴァットとは“大きな桶”の意。1樽ごとに異なった個性をもつモルト・ウイスキーを、この大桶に入れて混ぜあわせることをヴァッティングといい、生まれたウイスキーは、ヴァッテッド・モルト・ウイスキーと呼ばれる。これはあくまでもモルト・ウイスキー同士を混ぜる場合に限られており、モルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーを混ぜあわせた場合は、たとえ大桶を使ったとしても、ブレンディングと呼び分けており、生まれたウイスキーはブレンデッド・ウイスキーと呼ばれる。
同一蒸溜所内におけるヴァッティングは、スコッチの場合、1853年から認められるようになった。異なる蒸溜所間のヴァッティングは、1860年になってから認められた。

ウイスキー/whisky/whiskey

蒸溜酒の一種。穀物を原料として、発芽した穀物の酵素で糖化し、酵母の働きによって発酵させたのち、蒸溜をし、さらに樽の中で熟成させた酒。生産地別に、ジャパニーズ・ウイスキー、スコッチ・ウイスキー、アイリッシュ・ウイスキー、アメリカン・ウイスキー、カナディアン・ウイスキーなどに分けられ、これを世界の5大ウイスキーと称しているが、これら以外の地でもウイスキーはつくられている。最近は、インドのウイスキーの生産量が増大している。五大ウイスキーのうち、ジャパニーズ、スコッチ、カナディアンの各ウイスキーはWhiskyの綴りを使い、アイリッシュはWhiskeyを使っている。アメリカン・ウイスキーは、語尾がkyとkeyを併用しているが、法律用語ではkyを用いている。

ウイスキーの飲み方/ウイスキーのTPO

ウイスキーは、その日の体調や気分、雰囲気などによって自由に飲み方を変えられる。つまりT・P・Oに合わせてさまざまな楽しみ方があるというわけだが、一杯のウイスキーを最高の条件で味わいたいと思うなら、“食前には割って飲む、食後にはストレート”と覚えておきたい。割り方は、ミネラルウォター、ソーダ、ジンジャエールなど好みのものでどうぞ。そして食後はストレートかオン・ザ・ロックスで、ウイスキーの芳醇な香りと味わいを存分に楽しみたい。
さて、それでは食中には何を飲むか。“食前酒は食中酒たりうる”─これがウイスキーに限らず、アルコール飲料全般にいえるT・P・Oの原則である。

ウイスキーの博物館

世界でも初めての本格的なウイスキーの博物館。1979年、サントリーが創業80周年を記念して、南アルプス山麓のサントリー白州蒸溜所内に開設した。4階建て、延べ150平方メートルの館内には、ウイスキーの歴史、文化、風俗、科学など、古今東西の資料が豊富に展示されている。

ウシュク・べーハー/Uisge-beatha

“生命の水”という意味のゲール語。これが転訛してウイスキーになった。もとは、ラテン語のアクア・ヴィテを直訳したものといわれるが、このアクア・ヴィテは錬金術師が蒸溜酒をさした用語。そのため、ウイスキーの起源も錬金術の恩恵を受けているということができる。

エージング・セラー/Aging Cellar

エージングとは、熟成のこと。したがって、エージング・セラーとは、熟成中の樽を保管する酒庫。冷涼な、澄んだ空気の地にあることが望ましい。現在サントリーには山崎蒸溜所、白州蒸溜所のほか近江にエージング・セラーがあり、総計80万余樽が熟成中である。

オン・ザ・ロックス/オンザロック/ロック

直訳すれば“岩の上に”。グラスに氷を2~3個入れて酒を注ぐ飲み方。氷を岩に見立てたネーミングで、アメリカでは、“オーヴァー・ロックス”、略して“オーヴァー”ともいう。映画『チャイナ・シンドローム』で、女性TVキャスターに扮したジェーン・フォンダが、「ア・スカッチ・オン・ザ・ロックス、ダブル」とバーテンダーに注文する。仕事をバリバリこなす気鋭のキャスター、といった性格が・浮き彫りにされ、印象に残った。アメリカでこの語が生まれたのは、1946年といわれる。日本で、このオン・ザ・ロックスという飲み方が知られるようになったのは、1953年ごろからである。
The following two tabs change content below.

whiskey

Whis&keyの運営部代表。日々ウイスキーの研究をしているが、奥が深すぎてついていけない(笑)ウイスキーが大好きで、もっとウイスキーを知ってもらいたいので初心者にもわかりやすい情報を、と奮闘中!ウイスキーに関連するビジネスをしていきたい!近日中にbarを開きます!